お口の健康情報

う蝕(虫歯) についてのお話です。

わたしたちの体にはたくさんの細菌がすみついていますが、口のなかにも数多くの細菌がす みついています。
そのうちの1つ、ストレプトコッカス・ミュータンスという細菌がいます。
このミュータンスという細菌は、口の中に残った食べかす、特に糖分を分解して酸を作り出します。
この酸によって歯は溶けはじめ、ほっておくとどんどん広がっていきます。

虫歯がまだエナメル質に限局しているものを「C1」と呼びます。
この程度の虫歯では痛みを感じる事は少ないようです。
治療は、ブラッシングを強化しフッ素塗布などして経過観察するか、シーラントや詰め物(レジン充填)
をします。

 
虫歯が象牙質まで進行しているものは「C2」です。
ここまで進むと、冷たいものがしみたり、物がはさまると痛みが出たりします。
治療は麻酔をして歯を削り、虫歯の大きさや部位によってレジン充填をしたり、型を取って金属を
つめたりします。
    
虫歯が神経まで進んだものを「C3」と呼びます。ここまでくると、だまっていてもズキズキ痛みます。
さらに進行すると神経は腐ってしまい、細菌は根を通って顎の骨の中まで進入し、歯の根の先が化膿
してきます。 治療は、麻酔をして神経をとったり、腐った神経をとりのぞいて、根の中を無菌にする、
いわゆる根の治療が必要となってきます。
根の治療例など、詳しくは”診療内容のご案内”をご覧ください。
たかが虫歯なんて思って病院に行く日を延ばしている間にも、虫歯は進行します。
虫歯は自然に治る事はありません。
虫歯に気づいたら、検診で虫歯があると言われたら、出来るだけ早く歯科医院を訪ねましょう。